中古住宅の売買をお考えなら、嶌谷建築設計株式会社のホームインスペクション

雨漏り修理

住宅診断瑕疵保険お申込み
かんたん一分診断
雨漏りの原因は防水状態の欠陥であり、他の工事実施時の事故や明らかな破損等が見つかれば特定は難しくないのですが、経年劣化や工事工程でのミスによるものであった場合、1mmの穴から水が浸入、その後天井裏で水が溜まり、数年後に水が出てくる、といったように気づくのに時間が掛かる上、調査による特定も難しいケースがあります。 さらに居住者が気づかない間に断熱材や木部分の劣化を招くケースでは、単純に防水工事だけではなく、住居内部の修繕も必要になり、多くの工事を実施することになりますので、機会があればご自身での調査や、弊社等の調査可能な業者への依頼を定期的に実施することをお勧めいたします。 雨の侵入ルートは屋根、屋上、ベランダの床部、壁等が挙げられます。 屋根瓦の破損やズレ、鉄板部分のサビ、屋上階やベランダ床部の劣化、塗装の劣化・剥がれ、外壁の劣化・損傷、コーキング(シーリング)の痩せ・剥がれ等については目視によって分かるものが多く、左の写真のような状況を見かけたら一度ご相談頂く事をお勧めいたします。