中古住宅の売買をお考えなら、嶌谷建築設計株式会社のホームインスペクション

Q.「既存住宅状況調査技術者」と「公認ホームインスペクター」との違いは何ですか?

住宅診断瑕疵保険お申込み
かんたん一分診断

Q.「既存住宅状況調査技術者」と「公認ホームインスペクター」との違いは何ですか?

よくある質問

Q.「既存住宅状況調査技術者」と「公認ホームインスペクター」との違いは何ですか?A.「既存住宅状況調査技術者」とは国が定める講習を修了した、建築士事務所に所属する建築士(国家資格)です。
「公認ホームインスペクター」とは民間団体に入会し、協会が実施する認定試験に合格した個人(国家資格の有無は問わない)をいいます。

住宅の欠陥や劣化等の有無を確認し、依頼主へ診断結果を報告し、アドバイスを行う住宅診断全般を、ホームインスペクションと言います。
欧米では一般的な住宅診断ですが、日本で住宅の調査というと、これまでは明確な調査基準が無く、実施する団体によって、調べる範囲や、レポートの仕方、判断基準などが、バラバラな状況でした。
2018年4月の宅建業法改正に伴い、宅建業者は、売主・買主双方へ、建物状況調査(インスペクション)について説明し、斡旋することが義務付けられました。
ここで言う建物状況調査とは、先ほどの住宅診断全般を指す、ホームインスペクションとは違い、「既存住宅状況調査」として明確な調査内容が決められ、建築士事務所に所属する建築士で、かつ既存住宅状況調査技術者講習を受け登録した者(個人)しか実施できないものです。
これは、中古住宅を安心して売買できるよう、国土交通省が進める施策で、この制度を活用することで、さまざまなメリットを受けることが可能になります。

詳しくは、「ホームインスペクション(住宅診断)とは」をご覧ください。