中古住宅の売買をお考えなら、嶌谷建築設計株式会社のホームインスペクション

Q.建物状況調査(インスペクション)は必要ですか?

住宅診断瑕疵保険お申込み
かんたん一分診断

Q.建物状況調査(インスペクション)は必要ですか?

よくある質問

Q.建物状況調査(インスペクション)は必要ですか?A.安全で安心できる住宅購入のためにとても重要な事です。
住宅の購入は人生で一番高い買い物となる為、住宅の劣化具合や欠陥の有無、購入後のコストなどについて調べておくことは、安全で安心できる住宅購入のために必ず行いたいですね。
欧米ではすでに常識の建物状況調査(インスペクション)は、近年になって日本でも急速に根付き始め、常識となるのは時間の問題だといわれています。
日本では、中古住宅を安心して売買できるよう、国土交通省が進める「既存住宅状況調査」として明確な調査内容が決められ、建築士事務所に所属する建築士で、かつ既存住宅状況調査技術者講習を受け登録した者(個人)しか実施できない制度があります。この制度を活用することで、さまざまなメリットを受けることが可能になりますので、住宅調査をやるのであれば、「既存住宅状況調査」を行うようにしましょう。

なお、嶌谷建築設計が行うホームインスペクション(住宅診断)は、この「既存住宅状況調査」に則っていますので、かし保険の加入と併せることで、さまざまな税制優遇を受けることができます。

詳しくは、「ホームインスペクション(住宅診断)とは」をご覧ください。