中古住宅の売買をお考えなら、嶌谷建築設計株式会社のホームインスペクション

住宅保証延長工事って知っていますか?

住宅診断瑕疵保険お申込み
かんたん一分診断
法律で決められた瑕疵担保期間となる10年を超えて、住宅メーカーの保証を受けたい場合、住宅メーカーの指定する工事を有料で受ける必要があります。これを保証延長工事といいます。 保証延長工事とは、あくまで施主様の任意で行われます。 受けなくても問題ありませんが、保証が受けられなくなります、と言われると、工事をしなくてはいけない雰囲気になってしまうかも知れません。 しかし、保証を延長する為に有料の工事を受けることと、今後10年間、問題ない状態を保つ為に補修を行うことに、大きな違いはありません。実は、住宅メーカーの保証も、あくまで延長保証工事の内容に対する保証となっています。 目的は、今後10年間、問題ない状態を保つ為の補修ができるかどうかであり、保証を延長することではない、ということを理解しなければいけません。 当社では、その目的において、家をメンテナンスする各種工事を請け負っております。 住宅メーカーから保証延長のお話があった際は、是非当社で相見積もりをお取りください。